* This campaign is now over. Thank you to everyone who entered!

特別お題キャンペーン「『選択』と『年齢』」by SK-II

Bookmark this entry on Hatena::Bookmark

Sponsored by SK-II

夢の実現、転職、結婚……。あなたがその選択をしたのは、「何歳」でしたか?

SK-IIでは「運命を変える力は、あなた自身の中にある。誰かに決められた期限なんてない。」というメッセージを送るためのキャンペーン「年齢って何だろう」を実施しています。はてなブログでも、SK-IIと共同でさまざまなブロガーの声を募集します。

応募キーワードは、
特別お題「『選択』と『年齢』」

「◎◎は●歳までにしたほうがいい」「もう●歳なのにまだ◎◎できていない」など、選択と年齢はときにセットで迫ってくることがあります。しかし、歩む人生も、そのスピードも、人それぞれ。「選択」と「年齢」も一人ひとり異なるはず。

「仕事を辞めて海外留学の道を選んだ」「出会ったばかりの人と結婚した」「思い切って家を買った」――。

仕事や恋愛、プライベートで「『年齢』に縛られることなく、自由な『選択』ができたこと」や、逆に「『年齢』で『選択』にプレッシャーを感じたこと」など、あなたの「『選択』と『年齢』」に関する体験エピソードを教えてください。同じような境遇に悩む方へのメッセージでもかまいません。

もちろん、参加に制限はありません。たくさんのご応募、お待ちしております。

動画「期限なんてない」を公開中

キャンペーン「年齢って何だろう」に伴い公開された動画「期限なんてない」では、東京、ソウル、上海で生まれた女性たちが、次第に年齢を重ねることへの不安やプレッシャーを抱え始める様子を描いています。

充実した生活を送りながらも、周囲から焦りや重圧を感じ「このままでいいのだろうか」と苦しむ彼女たち。しかし、これまで自ら「選択」し自分の人生を切り開いてきた自分の姿を思い出し、自信を持って前に進んでいく決断をします。

現代は、性別や年齢、思考などに関わらず自分らしく人生を選択し、生きられる時代になりつつあります。一方で、SK-IIが実施した「女性の生き方に関する意識調査」」では、「30歳という年齢に不安や心配を抱えている女性が多い」という調査結果が出ており、年齢を重ねることにプレッシャーを感じている女性は少なくありません。

この動画には「全ての女性に、年齢を重ねることにプレッシャーを感じず、また決められた期限があるように感じたりすることなく、自分らしく輝いて運命を切り開いて欲しい」という、SK-IIの願いが込められています。もしよければ、動画を見て感じたこともエントリーに添えてご投稿ください。

あのはてなブロガーの「選択」と「年齢」は?

書籍の発行やWebメディアでの執筆など、多方面で活躍するはてなブロガーもお題キャンペーンに参加! それぞれの思いを綴っていただきました。

Entry requirements

Make sure you have followed the rules below, then click the "Post entry" button to enter.

Campaign period 2017-07-13 - 2017-07-26
Entry requirements In order to enter, you must have a blog on Hatena Blog (http://hatenablog.com/)
* Only blogs set to public view are eligible for entry.
Prizes / Number of winners
  • 投稿いただいたすべてのユーザー:レッドスター2つ
How to enter

Include the following keyword in your blog text on Hatena Blog, and follow the campaign instructions to post your entry.

Entry keyword : "特別お題「『選択』と『年齢』」"

Notes
  • 本キャンペーンに参加される前に特別お題キャンペーンについてをご一読ください。
  • はてな利用規約およびはてなブログのガイドラインを遵守の上、ご参加ください。
  • 応募の際、キャンペーンへの参加に必要なキーワード、動画プレイヤーが記事編集画面に挿入(フィルイン)されます。
    フィルインされた情報の一部を編集・削除すると、応募要件を満たしていないとして参加およびプレゼント対象から外れることがあります
  • 本キャンペーンについてのお問い合わせはお問い合わせフォームからご連絡ください。

Entries posted from Hatena Blog

See more
  • だいぶ前のお題です٩( ᐛ )و gumixramune新入社員、小規模な中間管理職。 さて、私の中学生から今に至るまでの話をしようじゃないか〈●〉〈●〉私が中学の部活に入る時、 たまたま友達のお姉ちゃんのいる部活に体験入部で行って面白かったから入った。 部活動見学の時はこの部はありえないと思っていたのに(笑) (自分で言うのもなんだが、私の感はよく当たるので、この時、本当にこの部に入らな… id:gumixramune   /  
  • 選択をするということは生きること mymykenshinバラとガーデニングと犬とネコ SK-Ⅱの動画を見ると、周囲の目に縛られる女性にもっと自由に生きようというメッセージなんだろう。 私は男性で人生も半ばを超えています。そして結婚もしていて子供もいますが、転職も多く、5社目です。 そう聞くと、ダメパパみたいじゃないですか。ですが、少なくとも転職はキャリアアップになっているし、お給料も一般… id:mymykenshin   /  
  • アラフィフ女の未来への選択 yoko_t1日2回ブログをアップする☆あおくまブログ 女の一生は確かにイロイロ 女性は、男性に比べて人生の選択肢が多い。 結婚する、しない。 子供を産む、産まない。 仕事を辞める、続ける。 その選択肢には、自らの思いや願いだけではなく、家族や環境や時代によって、流されるように決めざるを得ないことも、ある。 夫の突然の転勤や、家族の病気、互いの両親や兄弟の経… id:yoko_t   /  
  • 何者にもなれない者の選択 rocketman5thロケLOG ブロガーの90%は現実逃避の手段としてブログをやっているのではないかと思う。 もしも違ったら謝ろう。ごめん。 現実の自分以外になりたいのだ。 そして、何者かになろうとしているのだ。 ただ、そこには目標はない。なので、方向性なんてものはコロコロ変わる、外から見たら信用のないやつである。 なぜ目標がないのかと… id:rocketman5th   /  
  • 逆に聞きたい あなたが専業主婦(夫)を選んだ理由 komisann533コミュの仕立て屋さん ~表現のお直し 承ります~ うちの妻が少しやばそうだ。 妻は現在27歳、新卒で現在勤めている会社に入社して5年目になる。 仕事内容が合わないのか、それとも過度なストレスが苦手なのか、一度体調を壊して半年間休職をしていた。 そして最近復職。仕事のペースがゆっくりな部署へ異動になったのだが、変わらず休職者が後を絶たないため妻に仕事の負… id:komisann533   /  
  • 私が結婚「適齢期」に動き出せた訳 t-kazu-tkazu-tの色々と思ったこと 特別お題「『選択』と『年齢』」 でブログを書いてみる。私(45才男性)は32才で結婚した。自然な出会いがあったとか、そういう話では全くなく、結婚相手を探す目的で(真面目な)出会い系サイトに登録し、そして同様の気持ちで登録していた妻と知り合い、それで結婚した訳である。私は(若かった当時は特に)誰かの意見を素直に… id:t-kazu-t   /  
  • 不惑を超えて ukakichiフリーランスな子なし夫婦ライフ 数年前に40になった時、「不惑じゃないじゃん!まだ惑いばかりだよ」とまず思ったのを思い出します。 baby boom世代の私の両親は、専業主婦とサラリーマン。 一男一女でマイホームを持ち、子供を大学まで行かせて。 それが人生の道筋だと意識しないまま思っていたのに、 ずっと常識どおりに生きてきたのに、大学を卒業した… id:ukakichi   /  
  • 若い頃の思い切り hamabassoヘ音記号のひとりごと 楽器を購入できた年齢、25歳。さまざまな思い切りができていた若さが、今となっては眩しく映ります。もう少し愛機をかわいがってあげられればなぁと思います。 本日の駄文 横浜は2日続けての熱帯夜回避。おかげで少し寝付きも良かったような気がしたのですが。。。こう気圧がちょこちょこ変わるとてきめんに影響を受ける私… id:hamabasso   /  
  • ころころと転がる石のように toyaReally Saying Something 神奈川で生まれ育ち、東京の会社に就職し、きっと一生家族を支えて生きていくのだろう、結婚もしないだろう、と思って31歳まで過ごした結果、なぜか結婚することになった。5年ほど交際していた人(夫)は、私が結婚に踏み切るであろうタイミングをいろいろとはかっていたらしい。具体的には両親の離婚で、父と母両方をなん… id:toya   /  
  • 1人で生きられるキャリアを選択したのは23歳のときでした nishimori_yuよく生きるために働く 僕が大きな選択と決断を迫られたのは大学を卒業して1年目の2014年5月のことでした。そこに至るまでの簡単な経緯とその選択をするに当たって感じたプレッシャーについて書いてみようと思います。 悩みに悩んだ就職 就活を始めるも、行きたい企業が見付からず 狭き門の編集者を目指す なんとか3月上旬に内定をもらう 新卒で… id:nishimori_yu   /